2017年11月3日金曜日

ありがとうバフェット太郎 ブログを書く目的





どうも、バフェット太郎がGE太郎のブログネタ切れを心配してくれているらしい。


確かに、GE太郎のブログって、あんまり語るべきネタはないんだよね。

クソBIG5を保有し、総て含み損ということは事実なんだが、それがメインテーマではないのかもしれない。




GEとともに生きる、このブログは一体何なんだろう?


バフェット太郎の投資スタイルを「ジェレミー・シーゲルの著書を曲解し、連続配当銘柄に再投資し続けることを教条とする集団。読解力が不足しているという特徴がある」と喝破したプレノン氏の見解。

この見解に感動したいち投資家が、その素晴らしいコンセプトを継承し、米国株ブログ村のランキング高位から拡散を試みた行為ということか。


あるいは、yudet氏の「教条主義」という言葉。

この言葉ほど、米国株ブログ村の中で心に残っている言葉はない。


ズバリ本質に切り込むコンセプトだからこそ、バフェット太郎は彼らに対し苛烈な追及を行ったし、いまこうしてGE太郎のことも「心配」してくれてるんだろう。


これまで、米国株ブログ村ランキング1位から、こんなことを語る人間はいなかったからな。




書きたいことは先の投稿、「巨象を倒しに行くぞ」で概ね書いた気もする。


まあ、ブログはバフェット太郎にとってはビジネスであり、GE太郎にとっては遊戯である。

だから、必死になるのも分からんではない。


米国株式市場の盛り上がりとともに大量に市場に流入する新規投資家たち、そんな彼らを客として囲い込み、分かりやすい言葉で洗脳し、自らの利益の源泉とする。

実に見事な商売だと思う。


その正体はただの入金投資法で、それが分からない初心者も読んでいるのだから、GE太郎がそれを指摘することには意味がある。

だが、バフェット太郎の正体といってもその程度であって、それ以上に語るべきことがある訳でもない。




GE太郎は、バフェット太郎と違って、暇つぶしとして適当にブログを書いているだけだから、ネタ切れを心配する必要もない。

好きな時に好きなことを書くだけだ。


先日からバフェット太郎とやり取りをしてきて、その強烈な事実歪曲空間に辟易していたところなので、以後あまり絡みたくないと思ってたんだけどな。


泥酔しているので、また明日。


巨象を倒しに行くぞ ブログ村ランキング1位を獲りに行く
圧倒的な恐怖 ポーカーと株式投資
クソダサいのはFANGを保有していない投資家だろ?

お帰りの方はこちらへどうぞ


0 件のコメント:

コメントを投稿