2018年4月18日水曜日

ビルの上から猫の死体を落とせば、多少は跳ねる





最近、少しだけゼネラルエレクトリック(GE)の株価が反発していて、底打ちか!と勘違いするような慌てん坊もいるだろう。


デッドキャットバウンスという言葉がある。

簡単な話で、下落するGEだって、たまには反発するというだけのことだ。


だが、私は1年にわたるGEの保有でよく知っている。

これはただの自律反発ではなく、撒き餌であり、えげつない事態が起きる前、必ず株価は謎の上昇を見せてきた。


お客さんを集めてるんだな。

どっかのファンドがやっているとかいう陰謀論的な話ではなく、GEの株式という存在が、もはや罠そのものなんだ。


4月20日、GEは決算を発表する。

何が起きるかは、もう予想できるはずだ。


高いビルの上、あるいは、東京スカイツリー…。

そこから、ケツに超極太ディ〇ドをぶち込んで震動を与えてもピクリとも動かなくなったGEホルダーの死体を落とせば、多少は跳ねる。


跳ねて地面に静止すれば良いが、GEの場合、今度は地面が猛烈な勢いで崩壊を始める。


地の底には無間地獄があって、そこで改めて責め苦が与えられるはずだ。




それだけじゃない。

今夜は、IBMによる、お仕置きが行われることが決まっている。


最近のFANGの猛烈な上昇を横目に、永遠の不発弾としての矜持を保ち、孤高のクソ化を貫いているのが、IBMだ。

世界最高の投資家、かのウォーレン・バフェットが、こいつにはもう見込みなしと判断して、ほぼすべてを叩き売った株である。


私、GE坊やはIBMホルダーである、私は、投資家なのである!

なぜこんな銘柄を買ってしまったのか…。


高配当株の罠だろうな。

目先の配当に目が眩んで、上がりもしないクソ株を掴み、腐敗してゆく株価を眺めて密かに嘔吐しつつ、年に4回のお小遣いで自らを慰める。




個人投資家とは、なんといじましい存在なのだろう。


r>gという呪文を胸に抱き、rになりたいと願って株を買い続け、ようやくrに近付いたと思えばもうすでに余命僅か、願いを次世代に託し、ホトケとなるしかない。


庶民がお小遣いを投資に回したからといって、rにはなれまい。


だが、そんな夢を持たなければやってられないというのも、これまた事実である。


死の淵に臨んで相続人が舌を出して笑うだけのことになるとしても、ささやかな夢を抱きながら生きてゆくほかないのだろう。


株式投資が餓鬼の道と呼ばれる所以である。


チョコレイトディスコの破壊 我、ミロとともに凱旋せり
世界よ、これがゼネラルエレクトリックだ
GE坊や新クソBIG5が足を引っ張る
タコ配当は、下落相場のプロテクターではない
投資と欲望 不景気な時代が生み出した忌み子
やっぱり買ってはいけないGE 永遠のゼロ成長


4 件のコメント:

  1. 相場が大きく動くと記事の内容が面白くなってる気がします
    昨日はIBMもGEみたいに孤独に沈んでましたね

    返信削除
  2. タイトルが神がかってるな

    返信削除
  3. r>g なのだ。ピケティさんに言われるまでも無く、現代の社会はそういう社会なのだ。だが、ちょっと待ってくれ。r にしろ、g にしろ、それは率でしかない。つまり角度なのだ。角度が大きいに越した事はない。だけど角度だけじゃ役にたたない。大きさの問題を忘れていないか?

    どんなに起っていたって爪楊枝みたいなちんちんじゃ、イヴァンカも満足しちゃくれないだろう?

    問題は、r の母集団の標準偏差が異常に高くて、確率分布が極端に歪んでいる事なんだ。だから誰でも投資さえすれば、r に成れるなんて思っちゃいけない。

    まずはタネ銭の大きさが問題なんだ。

    次に個々の銘柄の財務分析が必要。なあに、分析って言ったって、難しくはない。手間を惜しまずに、ちょいと調べてみるだけのこと。

    個人投資家の95%は、調べる手間を惜しんで失敗している。と、おいらは思ってるよ。

    返信削除
  4. バフェットオジサン2018年4月18日 16:51

    ボーダフォン PBR 0.85
    ブリティッシュタバコ PBR 1.5
    こいつらを一緒に購入したいとこだ
    平均PBRは、1.2

    さて、通信株とタバコを購入する理由だけども
    毎月 安定したキャッシュが入って来るからと言いたい

    日本株 JTとKDDIも、検討したが
    中身が、クソみたいな状態になっていそうだから、様子見したい

    返信削除